MANOOON COLUMN。

キーボード・マノフミヒロの日々是エッセイ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 天使の歌声。 | main | 小学生のブログ。 >>

べしゃり暮らし。

20051003_41286.jpg
ろくでなしBLUESの森田まさのりの新作の主人公は、
お笑いのことばっかり考えてる高校生!
みんなが大笑いするようなことばっかりいつもいつも考えてる。

いやあ、すっごいよかった。これは読みです。
まず、この人の作品には、毎回人に対する観察眼や、絵の一本一本の線に対する誠意に感動してしまう。
作者の作品に対する誠実さに胸を打たれるんです。

こんなに安心して読める、ハイクオリティーな作家が、ジャンプで現役バリバリド真ん中を行かんとエンターテイメントと、楽しさと、持てる総てを携えて、戦おうとしてるのが、すごくなんか、嬉しい。ワクワクします。

そしてなぜ戦うのか?もちろん、伝えたいことがあるからだ。

内容は発売中のジャンプで読んでもらうとして、真野はこの作品は、今の若者に向けて、人間一人の笑いから生まれる生命力のすばらしさや、身近なものでも夢中になれる、輝けるものは転がってるというメッセージを感じた。

いい大人がいるなあ、と思った、暖かい作品。
読む。漫画等。 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mano.jugem.cc/trackback/292
この記事に対するトラックバック
「森田まさのり」という名前を知ってますか?ジャンプ読者の方なら当然知ってると思うが、読者じゃない人も「ろくでなしBLUES」というタイトルは一度は耳にしたことあると思う。その作者の方だ。なんとこの森田先生、我が出身中学、栗東中学校の先輩なのだ。僕が中
| 巻藁帳 | 2005/10/03 11:19 AM