MANOOON COLUMN。

キーボード・マノフミヒロの日々是エッセイ。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< OYSTAR☆CRAZY | main | gravilux >>

ゲキダン×ギャラクシーと、歌舞伎トランス。     

ゲキダン×ギャラクシーの、お芝居、「歌舞伎トランス」。
結論からいうと・・・ギャラクシーがこういう裸の表現をするとはおもわなかった。
すごい、よかった。
そしてもちろん、面白かった。
「面白かった」という表現が実に似合うゲキダン×ギャラクシー。
前回の「スペースリズム」の時と同じく、照明、音楽、ダンス、映像はもちろんパンフに至る細部までが非常に高い人材とクオリティーで見事に融合。いったいどうやったらここまでできるのか!?の連続でわれわれを圧倒。
しかし今回はそれだけではない。なかなか深いのである。作家の想い、熱さがメッセージとして盛り込まれており、エンターテインメントを楽しむ傍ら、後半から徐々に本質が晒けだすような構成になっておって、一筋縄では語れない作品になっておった。その核とは・・・?
今回はそれがテーマである。

会場は八縁伝から一ヶ月ぶりのちくさ座である。
同じ会場で八縁伝をやった事を思うと、このショーがどれだけの時間とお金をかけたか、卓越した人材がいかに集中した熱を注いだか、わかってしまうわけだが、ほんとにこのクオリティーはすごい。
会場に入ったときに、舞台の客席に着いたときに、その世界にいきなり引きずりこまれるほどの完成度。「スペースリズム」なら「スペースリズム」、今回なら「歌舞伎トランス」の世界がもうそこにあるわけです。円形のちくさ座に。毎回、なぜここまで徹底してやるのか?

その理由は、パンフの「ゲキダン×ギャラクシーとは?」にすべて書いてある。
くわしくはHPなどを参照にしてもらうとして、ここでは抜粋して。
「ゲキダン×ギャラクシー」が世に出す作品は、マニア向けではない、一般の人が楽しめる、わかりやすくエンターテイメント性の高い舞台作品であることをひとつの目標にしています。そして一方では、音楽、ダンス、演劇、その他あらゆる表現に関して、表現者や制作者が、名古屋でそれを仕事として食べていけるマーケットができるように、地道に地味に、時に派手に活動を続けていきます。」と。

思えば「ゲキダン×ギャラクシー」登場人物は、みなめちゃめちゃキャラ立ちが濃い。メインキャラを軽く凌ぐほどの個性的脇役陣。「あんた一体どっから来たの?!」っていうキャラまでが底抜けに明るく、大騒ぎするその演出は、毎回面白すぎる。赤塚不二夫の作品群を思いだした。
それってもしかして役者一人一人に対しての敬意にも見える。
モコちゃんはサイコーにはまり役だったし。
アツくんを見た子供たちは、彼のキャラ、風貌を一生忘れないであろう。
いやいや、マジでそうかもよ。それが表現の恐ろしさである。

この演劇にかかわったすべての人たちが表現者として胸を張れるような「場」としての演劇。その理想に限りなくにじり寄っていた「歌舞伎トランス」。ゲキダン×ギャラクシーはいつか名古屋の地が「いい役者」「いい音楽家」「いい技術者」でいっぱいになって素晴らしい表現が生まれる土地になることを夢見ているのだ。出演者はすごく巧い役者ばかりだったし、プロレベルの表現者、技術者が揃っている。
よくぞここまで。見事!である。

さて、ではゲキダン×ギャラクシーは単なる「いい表現者の紹介の場」なのか?演劇作品としての「核」、「本質」はいったいどこにあるのか?

今回の作品の面白さはここである。
ゲキダン×ギャラクシーは、夢のための「役目」を全うしながら、かつその「役目」という思想自体を作品化したのが、今回の「歌舞伎トランス」ではないかと思うのだ。

前般はギャラクシーお得意のエンターテイメントで圧倒させまくる。
しかし中盤以降から徐々にメッセージ性が現れだす。
娯楽を禁じられた町、というのは、なかなか面白い文化が根付かないここ名古屋の土地柄の閉塞感ではないか。
宗春がここ尾張名古屋に素晴らしい才能、素晴らしい人材を集め、ここからすべての娯楽、すべてのこころある表現が産まれる土壌にしよう、というのは、まさにゲキダン×ギャラクシーの意思表明でなのである。
そして、劇中の「ちくさ座」で、まさに今ここで「歌舞伎トランス」を見るために集まったお客さんに照明を当て、あなたたちがその土壌を育てる役目だと語りかけるシーンは、まさにハイライト。われわれ一人一人の感性が大切なんだと考えるきっかけを与えた。しかもちくさ座には「千の種が根付く座」とまで字を当て、ここで表現できる喜びを謳った。
要は「そのまんま」な演劇だったのだ。実にロックな事である。

このストーリーは誰が考えたのであろうか?
真野はフルヤさん本人に違いない、と思いたいのだが、パンフには脚本米山和仁とある。うーむ、よくわからないからなんとも言えないが、これはフルヤさんか、フルヤさんと志を同じくした者がストーリーを考えたのであろう。そうだ、そうに決まってる!!
だってさ、あの劇作家を夢見る文三の躁鬱ぶりに渇を与え、なんだかんだそばにいるしっかり者の遊女おふみのやりとり。
一生懸命書くそばにはいつもおふみがいて・・・。
・・・これはフルヤ氏が奥さんに宛てた感謝のラブレターなのではなかろーか・・・。ウワーッ!!!そうだ、そうに決まってる!!!!!!(泣)。

うえ様が「フルパチは奥さんと会ってから男を上げた」と絶賛していたのを思い出す。
その喜びが自分と「ギャラクシー」の役割を明確にさせ、今回の「歌舞伎トランス」のテーマに繋がった、と考えたい。素晴らしい!!!よかったなあああ!!!!(号泣)。

愛である。
タイトル変えよ−かしらん。
「歌舞伎トランスとは、愛である。」
なんてな。

しかし、今回の芝居は、ほんとよかった。
前回と比べると「気が充実していた」って感じ。
「自分のやるべき事がわかった!やったるでー!!」って感じ。
素晴らしい表現をありがとうございました。
あちきも負けずに、「真野道」を全うし、「結果、周りが活性化していた」を目指したいと思っております。
では。
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ってことは、初日よりよかったわけか!わけか!
tao | 2005/01/31 9:46 PM
う〜ん???
あたいは全ステージ同じぐらい楽しかったyo!!!

yo!yo!

moko | 2005/01/31 10:05 PM
ほんとによかったですよね。
単純に楽しむこともできるし、
今の世の中とリンクさせて見ることもできるし、
自分はこれからの人生を考えながら見ることもできるし・・・
色々な参加の仕方があるなかなかふかーい
エンターテイメントだなーと感動しました。

私は名古屋の人間じゃないですけど、名古屋って
おもしろいじゃん!て。
momo | 2005/02/02 9:52 PM
まあ、初日よりは千秋楽の方が必ずよくなってしまうわけですよ。気持ちが作品を超えてしまうこともママあるわけですが・・・。
名古屋にゃいい芝居が多いなあ、と思う今日この頃。

でもやっぱ真野は討伐隊が一番好き。
mano | 2005/02/03 9:57 PM
う〜ん…mokoは「風のカケラ」の時に、うえゆきねぇさんから言われた「最初に見に来たおきゃくさんと、楽を見に来たおきゃくさんとに違うクオリティのものを見せるのはいかがなものか?」言葉を思い出して、風のカケラの次の出演となったぎゃらくしぃにはそこを考えつつやりました。
考えつつ、どうしたものか?と思ったんだけど、結局最初から最後まで全力でやり抜くことだと、簡単で当たり前のことだけど難しいこのことにつきあたりました。

だがしかし、やはり本番が始まってから歯車のかみ合うこともあるのですな。

やはり、一人でやるわけではないので、たくさんのチカラが集まって作品となるわけなので、やはり日によって異なってしまうわけですね。

以前のまのんコラムの四季のこと、あのことも脳裏をよぎるわけですが…。

う〜ん。非常にむずかしいですが…もう一つの目標、立たされて舞台に立つのではなく、感情が行動になるという方はクリアできたと思われます。はい。
ちょっと、もう少し考えてみます。
moko | 2005/02/04 11:22 AM
真野は初日を観てないからわかりませんが、(当たり前だ)なんでも初日と千秋楽は違ってていいとおもうんすよね〜。でも、それをどう捉えるか、っちゅうか出演者がどう意識するかでお客さんに対する誠意はえらいかわるのでしょうな。
劇団四季のそこへの取り組みは明確なスタンスでやれていることでしょう。でも、「今」を表現するひとりひとりの感性を奪うようなやり方なら、体温のない冷たい表現になるのでしょう。
プライナスは、ここ2年くらい同じ曲を演奏しつづけているので、それと常に対峙しながらの活動でした。真野は演奏を毎日少しづつ変えてしまう人なのですが、それにしてもマンネリズムを超えるとグルーブの違いが面白くなってくるといいますか。同じ曲が一年前と今とではえらい違いですわ。アレンジはなんら変わってなくても、表現や、テンポ感が細かく変化している。当初の曲のビジョンとは違うかもしれないが、「今の音を引き受ける」表現ではある、かも。でもお客さんの好き、嫌いはあろうけどね。細かいことよりも、生きた表現の方がきっといいよ。多分。
mano | 2005/02/07 10:50 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mano.jugem.cc/trackback/130
この記事に対するトラックバック