MANOOON COLUMN。

キーボード・マノフミヒロの日々是エッセイ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

少年王者舘 『I KILL』〈イキル〉

少年王者舘の本公演、『I KILL』〈イキル〉を観に行った。

王者舘の過去の公演のVTRを何作か観たことがあるのだが、天野さんの一番伝えたい事と表現していることが、回を重ねる毎に近づいている気がする。
で、今回はタイトルからして『I KILL』〈イキル〉なわけで、核心のようななにかを強く感じさせるものになっていたと思う。

相変わらずすごい量の台詞。
しかし、肝心なことは言わないまま進んでいく。
深遠なそれを、どんな方法で伝えるか?
ひとりひとりの中のそれを、どんな方法で呼び起こすか?

ひとつのコトバが別の意味を引き起こし、違う別の意識へ。
自分だけが死んだことに気づけないでいたり、時間や場所を超えて、同じ部屋に過去の自分と老いた自分が座っていたり。
時に演劇のワクを飛び越えてしまったり。
ここにいるのが演劇をみている自分なのか、主人公なのか、それさえわからなくさせようとする。
そのための衝撃的な音響、映像、ダンス(カワユス!!)。
これらは王者舘としては王道モノである。
何年も前からやっていることなのだ。

何年も同じ表現を繰り返し、少しずつ核心に近づいていくスパイラル状の年月。一ミリずつでも、核心に近づき上昇していく。
きっと「次はもっとうまく言える」から、何度でも挑戦するのだろう。

あの空の向こうは見える、でもお前がいない。お前の名前はなんだ?
こんなになっても立ってるのはしんどいね。アイデンティティーなんてくそくらえ、みんな俺だ!
自分の中のフォルダをすべて開いてみると、以外にも不安から生まれる言葉が先に並んでる事に気づく。
肝心のことを忘れたように思い出せない永遠の中で、顔をのぞくのは、奇妙だが暖かく、人肌の温度であった。
かあさんのご飯。雨だれ、汽車の揺れ、スワロウ。
んもう、起きちゃったやない!あんまり大きな声出さんでね。
ユレ続けた果てに、そんなフト暖かく見守るような瞬間の訪れ。
それがとっても印象的だった。

かつての作品にあった、夢の中の情報を全部ひっくりかえしたみたいな強烈な不気味さ=怖さは薄れ、愉快な時間が多かった。
百人芝居にもそんな印象を受けた。

人は生の中で、その最中にそれを何度も更新する。
光を忘れたように生きていく中で、突然すべてが開くような時がある。
その時、同時に過去の何人もの自分が死ぬ。
過去のフォルダはもう使わない光の中で、日記を開くように、闇や混沌を「それもすべてほんとうのこと」としてリアルに眺める視点。
『I KILL』にはそんな視点があった。

表現とは、それを体験したその人の世界である。
天野さんの世界に反応した世界は、ひとりひとりを反映した世界なのだ。
次々押し寄せる「なんだかわからないこと」が、ひとりひとりにとっての「わかるもの」として、言葉にできないけど、わかるものとして伝わってしまう表現。やさしい。
天野さんの表現はいつも「ひとりずつの体験」なんである。

ちなみに、名古屋で公演したのはまだエンディングが完成してなかったそうな。おそるべし。
最後にどんな重みを帯びるのだろう。
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

岐阜ルボア、ちくとたきもと。

20051009_45008.jpg
知久さんとGさんのジョイントライブを観に岐阜に行ってきました。
百人芝居映像スタッフのなかむら美人姉妹と一緒に。

今日は知久さんが絶好調でした。
知久さんの歌声が子供みたいな時、ひとりギターと遊んでるような時、
詞と相まって、このうたはどこから鳴ってくるのか、わからなくなる。

音あそびの中に死を含んだ「宇宙まるごと」。
それはこわくて、やさしい。
たのしくて、かなしい。

彼らの音楽ってまさにそんなだし、
知久さんがたま初期の曲を演った時に思ったのは、
「15年前の自分がこの音楽に触れて、今も表現を続けてしまうなにかが確かにあったこと」や、
「ふたりがその頃から今と変わらず、ずっと「そこ」を見続けていてくれたこと」に大変感動してしまった。

メジャーに行っても変わらなかったのだ。
いまも変わらずにいるのだ。
そこに、今の自分は美しさを見た!!のだ。

二人で最後にやった
「レインコート」「裸足の足音」のマンドリンや口琴、
「ぎが」「月のひざし」のピアニカに感激。
もうたまでしか観られんとおもっとったからね。

2niからの曲はGさんがカシオトーン、知久さんはノベーションというシンセで対応。

二人でちっちゃいシンセをいじくる様子は、
この瞬間に、「感情」という「命」が産まれてくる瞬間に立ち会った気分。

二人はいつも、ここではないどこかを見ているようにしか思えない。

満席の会場に入ってきた二人。
そしておもむろにチューニングをしたり自分でマイクを立てたりしてるのだが、全く動じない様子はなんだか説得力があるし、なんでもアリにしてしまう力を持っている。

俺ってどうなの、それ?

いやだめだな。
だって一緒に行ったなかゆきさんとその妹のなかゆみ(いま名付けた)さんは二人とも美人だしで、久しぶりだしでなんかうまくしゃべれなかったもの。
即興はその最たる物だが、化粧や鎧を外した本当の自分を人前にさらすってのは、露出狂に似たものがある。

最高に気持ちいいけど、自分の体験したもの、吸収したものが全部出る。
嘘はつけん。今の真野はウェッティーズなんだろう。

人前でいきなりウェッティーズできちゃうくらいの宗教じみた確信に操られたい。

というわけで、ありがとうございました。
二人とも、また会いましょーね。
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

サヨナラCOLOR。

ゴッホを観に行きました。

乾いて明るい色彩が多いゴッホ。
黄色やクリーム色をキャンパスに吹きつけるさまに、
「生きた時代の空気感」と
「狂気のように晴れ渡る一個人の情熱」を感じました。

さて、ゴッホの変人偏屈列伝。

1:伝道師時代、常軌を逸した伝道活動が問題になり、除名処分になる。
2:人物画を描きたかったがモデル代がなく、風景画ばかりを描く。
3:娼婦(しかも妊娠中)と同棲するも、一年で破局。
4:仲間に憧れ、画家達の語らいの場としての家を買い、
家具を揃え、絵を飾り、アトリエを作るも、みんな来ず。
5:やっと迎えたゴーギャンとも芸術性の違いにより、共同生活がうまくいかず、徐々に精神に支障をきたしはじめ、やがて自分で自分の耳を切る。
6:発作に悩まされながらのピストル自殺。

宗教、仲間、愛する総てから見捨てられ、
果てには自分すら支えられなくなり、
世界の片隅に追いやられてゆく36年の人生。

でも作品にはそんな暗さ、あまり感じなかったな。
どこかユーモアがあって、この世界に溢れる「色彩の不思議さ」を覗いてみるのが好きでたまらない感じだ。
「耳切り事件」の後の静養院での絵とかも、穏やかでいいと思った。
ゴッホにとって絵はどんなときも「癒し」や「躍動」であったに違いない。
ただ、乾いてはいるが。
それは決して馴れ合わない気位の高さを象徴するかのようだった。

そう、どんな事になっても、「自分」で居続け、追求し続けたのはやっぱりすごい。
本当の自分と向き合う作業は最高に楽しい事だ。
知ってしまった以上、誤魔化すなんて難しい。
遅かれ早かれ、皆自分に気づく。きっとそういうことになっている。
最近はもうみんな気づいているし、知っているんじゃないかと思うようになってきた。
気づきながらも、何をどう選択して生きていくか、ということになるのだが。
なかでもやっかいなもののひとつに「決別」、別れがある。

一生かけてなすべきライフワークを若いうちに見つけ、追求し続けている知人は周りに多くいる。

ミュージシャン、デザイナー、服飾家、雑貨屋、作曲家・・・中にはカテゴライズできない、「自分」としか言いようのない道を進んでいく知人たち。
こういった人たちの言葉や行動に触れ合えているのはすごい体験だと思う。
みんな、自分の道を信念を持って進み、大きな充実と、そして必ず辛い別れを体験している。

別れっちゅうのは、けして誰かとのことだけではない。
自分が選択した物にも決別せねばならない事態も起こる。

百人芝居の現場は空気からして自由な自己発信の匂いだったが、
このなかの何人が今の自分を完全に表現しきれていると言い切れるだろうか?
「居続けてしまっている」人もいるだろう。

今後、どんなことが起こるか、わかった様で「case:マノ」についてはまったくわからない。
変わっていくものと変わらないもの、その中での自分の選択と、出会うすべて、別れたすべてを愛していくことしかできない。
自分にはどこまでできるか、自信がないけれど。

ゴッホのあまりにもまっすぐすぎる無様な人生に、タカオさんとふたりで大笑いしました。

リスペクトの意を込めて。


見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

スーパーアイドルin金山。

スーパーアイドル・日野誠が、金山で路上ライヴを行うという
情報を掴んだので、観に行くことに。

真っ赤なサンバイザーを斜めに被り、ピンクのTシャツ、
半ズボンでフトモモ丸出しの人がしゃがみこんで、
MDやらワイヤレスマイクをセッティングしてはる。
どー見てもこの人や。


始まった。
立ち止まって見てるのは俺ひとり。
道行く人は、その眩しすぎる違和感ゆえに、軽く引き気味に
通り過ぎてゆく。
日野さんは、ローラースケートですいすい動き回り、歌いまくり、踊りまくり。
半径300メートルくらい誰もこなくなりました。
見よ!この誰もいなさ加減を!!
20050820_8929.jpg
携帯を向けると、すぐ決めのポーズ。
ひとりで「ヒュウ!」
「汗かいて、いい笑顔になってきたでしょラブ
ウインク、キラーン。

遠巻きに笑ってみてるお客さんを見つけると、
ローラースケートですい〜っとチラシを渡しに行く。
「日野誠でっす!」
歌の途中で。

人が集まってくるとあきらかにテンションが上がったのがわかる。
「アイドルぽいでしょ?写真撮らなくていい?あ、いいね・・・。」

オリジナルもありました。
日野誠 愛のテーマ〜残された大地
なんなんだ、そのタイトル。

本人は大マジにアイドルになりたいんだろう(今も)。
まあいろんな事情があって現実はこうなってるが、人に観てもらうのが大好きで、喜んでもらうのが大好きな自分の世の中での取り扱い方をよくわかっている。こだわり、一切ナシ。
サービス精神旺盛な彼は、自虐ギャグもコケたふりも、喜んでやってくれます。
銭金出演も「テレビに出れる!日本中の人たちがボクのことを見る!!」
って感じだったんじゃないかしら。

「100%勇気」がこんなにグッとくる曲だとは知らなかった。
この人が歌うからなのでしょう。
ほんと、いいもの観ました。
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

Fried Pride。


Fride Prideがヤバい。
頭の中のおかしな領域を刺激されて、いつもの景色がなんであんな形をしていたのかわかる。
かと思えば見たことのない風景にいつのまにか変えられていたような。
自分の狂気をひきずりだされるようなそんな音だった。


ジャンルはジャズ。
女性ヴォーカルと超絶ギタリスト(マジ尋常ではない)の二人ユニット。
某イベントでリハからたまたま観た。
第一印象は、それほどでもなかったのだが、2〜3曲聴いてるうちに引きずり込まれていった。
リハーサルでは日差しを避けてサングラスをかけていた女性ボーカル。
巨大なスクリーンに映し出される彼女の白い肌はどこか狂っているようにみえた。

テクニックやアレンジ技術は超一流である。
というか、それを武器にしているフシも見受けられる。
それか。第一印象がよくなかった理由は。
このユニットに限らず、ジャズにはどっかそういうとこがある。
もちろん心惹かれたのはその部分ではない。

そもそも代理コードや、音の外れたハーモニクスや、スラップ奏法がなぜこの世に産まれたのか。
ボーカリストはなぜフェイクするのか。なぜ声を震わすのか。吐き出すように唄うのか。
彼らを聴いていると、その手法が存在する理由がひとつひとつわかるのだ。
それでしか表現できない景色や心象を描き出すためだったのだ。
あたりまえのことだが、しかしほかの「ジャズ」は「ジャズという音楽」でしかなかったりする。
ほかの「いわゆるジャズ」形式をとった音楽にはない攻撃性、変態性はすごい。

はじめて観たリハーサル。リラックスしていて自然と互いの音に呼応していく様子は生き物のようで、感動した。

しかし見ていると本人たちはきっとこの変態性に自覚的ではないように思える。
シンプルに「自分たちがカッコイイと思う音」を楽しみながら追求してる感じだ。
この二人で演奏してる時にだけ見える風景、得体の知れない怪物のような何かをきっと感じていながらも、「ジャズ」というジャンルから飛び出して、完全にオリジナルとしての道を生きようという自覚、「視野」を持ちえていないように見える。そりゃ別にわるいことではない。
彼らには彼らのビジョンがあるのだろう。

以上。
これがFried Prideへのストレンジラブである。
彼らは今後どのような視野を持ち、どう変わっていくのか。
そりゃわからん。どんどん変わっていってほしい。
少なくとも真野は初期ナンバーガールに受けた時のような青っぽい狂気を感じた。
それは、ジャズを初めて聴いた時からどこかにあったものだし、
こんな音楽があったらいいな−とどこかに眠っていただけのものかも知れん。

・・・わからん。
わからんくなってきたので、わけわからん写真をのせて終わりにします。
はい。
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

愛・地球博レポート 外国館の巻。

愛・地球博に行ってきた。
今回の目標は、企業館のパビリオンではない。
外国館だ。
普段目にすることがないようなマニアックな国の文化に触れてみようという魂胆だ。
歩きに歩いて全部の外国館をとりあえずひととおり見るという野望。

結論からいうと、
メキシコ館がよかった。

世界的にそうなんだろうが、絶滅のおそれがある種が驚異的に増え続けているらしい。
昆虫、動物、植物、など。
絶滅って、なんかちょっと信じられない。
当たり前のように地球上に営んでいたものが一頭残らずいなくなってしまって、もう二度と会えないということ。
そんなことが普通に起こっている現実に、いつもめまいがしていた。

ケツァル鳥。

「世界一美しい」と言われるメキシコを代表する鳥で、メキシコ原住民はその尾羽の美しさから「神の鳥」と畏れ、この鳥を殺したものには死刑を課していたほどだとという。

ところがメキシコがスペインに占領されるとともに、ケツァル鳥が乱獲されるようになる。で、今でも密猟は絶えず、絶滅の危機にあるのだという。

コンゴウインコも絶滅危惧種。セレブが飼いたがるらしい。
ポップで身近な鳥ほど絶滅の危機にあることは最近よくある。

よくある話だ。

暗い通路を歩いていくと、視界に飛び込んできたのは大きなパネルに引き伸ばされた昆虫たちの写真。




バッタが、クモが、カマキリが、普段と変わらず暮らしている。
その様子をぼんやりみていたら、いつのまにか泣いていた。

昆虫たちはいつも変わらず、いつもと同じように生きているだけである。
ケツァル鳥もコンゴウインコもそうだったのだろう。

こいつらもいつかは絶滅してしまうのだろうか?
消えていった種にはもう二度と会えない。

理由のわからない涙であった。感傷だったのか、美しさに打たれたのか。

メキシコ館を出た後も、思い出したらダメだったので、沼の淵に逃げた。
そしたら緑に深く濁った沼からでっかいウシガエルが顔を出して鳴いた。

昔はうちの近所にもよくいた。久しぶりに会えて、何よりだと思った。

見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(1) | trackbacks(2)

ブルビ音楽館。

ライブルビイのプレイベント?ブルビ音楽館へいってきましたよ。
うまい棒もらったり、短冊に願い事書いたりしてきました。こちらの様子はサイトで見ることができます。久しぶりにでかい音で音楽聴けました。

大府市の柴垣さん(女性)と話したりしましたよ。柴垣さんもバンドやってるそうです。

しかし、大府市の柴垣・・・。どっかで聞いたことあるフレーズだな・・・。
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

ヤマカジ。

ヤマカジ、めちゃめちゃ面白かったですねえ。
かっこよかったですねえ。
ダンスと音楽、ビートとダンス、エンターテイメント。
一時たりとも目が離せませんでした。なんか、首ナガ族の如く見入ってました。
うれしくなっちゃうような楽しい音楽。ビート。
笑えること。どれも最高でした。

音楽。ビートとゆうのは命のひとつの形だろう。ダンスとは、全身を使って音楽に「なろうとすること」だろう。

黒人の方の生ドラムと、タップと、おねえさんの歌とダンスで畳み掛けられたときにゃ思わず涙が出ました。
あたいもなにか創造したくなりました。モヤモヤするので、ひたすら歩いて帰りました。

見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

早川義夫と○野のベース。

○野がベースを弾くというので、パラカフェに細江祐司さんのライブに行った。
細江祐司さんのバックで、サポートとして○野はベースを弾く。
いやあ、しかし、何が凄かったかって、細江さんバンドはその日のライブの前座であり、メインはなんとあの早川義夫なのである!

「サルビアの花」やってたよ!!

3500円で○野のライブを観に行ったら、もれなく早川義夫のライブが付いて来るというこの不思議。シュール。

事の発端は細江祐司さんのCDを聴いた早川氏が大いに感動し、ぜひ共演したいと言った事かららしい。にしても細江さんは早川氏のウン十年来の憧れらしく、細江さんはステージ上でも感極まっておった。そりゃーそうだろ。

で、○野である。ベースを弾いとる。
メンバー紹介の時、「アンダーグラウンドカルチャーの飽くなき探求者〜!!」と紹介されていたが、そんな○野道の途中には、細江バンドがあり、少年王者館があり、早川義夫氏との共演があるとゆーわけか。

客席には真野や、今度チカチカナイトで一緒に共演するきひみ(ハマー)けへめ氏やたくさんのお客がいて、そのヨースを目撃したのであった。しかと。
おめでとう。

さて、早川義夫である。
ピアノ弾き語り。
正直、唄もピアノも巧いとは言えず、かなりそのテンションを感じとり、想像力で聴く音を鳴らしていた。マイクの使い方も上手とはいえず、その聴き取りづらさがまた「????感」に拍車をかけていた。

しばらくして、聴き方がわかった。これはロックなんだ、と。
すべてがメッセージなのである、と。
どうでもいいことはどうだっていいのだ、と。
イスをぎしぎしさせてピアノを弾いたり、床を不恰好に鳴らすのは、「音以外の音」を出したいからなのであろうな、と。

詞もそんなことを歌ったものが多い。
やがてひとつひとつの言葉の重さ。これに気づくのである。

基本ストーリーは「生きていく自分の内省吐露」。でも奥のほうにはしんと静まり返った透明なものがあって、そのメロディーと相まってゴスペルのようだった。

この音楽が、細江祐司さんの音と繋がって、○野とも繋がったのを思うと、
不思議だな〜と思いますねえ。

でもなんか繋がるべくして繋がった気がしますねえ。
おめでとう。

さて、そんな○野と、今度は真野が繋がります。
5月3日、チカチカナイトにて、○野はギターで、真野はピアニカで。
因果歌謡歌手こと、きひみ(ハマー)けへめのバンドとして出演します。

あっと驚くサプライズも用意してます。
1番注目すべきは真野の衣装だとか??乞うご期待!
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

少年王者舘 「真夜中の弥次さん喜多さん」

名古屋の劇団、少年王者舘の「真夜中の弥次さん喜多さん」を観にいった。



続きを読む >>
見に行く。ライブ等。 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)