MANOOON COLUMN。

キーボード・マノフミヒロの日々是エッセイ。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ソラミミ

http://www.youtube.com/watch?v=SyJuVj_VezE
http://www.youtube.com/watch?v=7GeyeRFDP9w
http://www.youtube.com/watch?v=jWofwwIoLLg

これはちょっと鳥肌が立ちました。
半径3mの身内の冗談が独自の妄想とテクニックとでここまでポップにしてしまう人はもう現れないと思う。
洋楽を強引に日本のポップスに持ち込んだ彼の言語センスのすべてがここに現れている。
その精神が今でも健在というのが凄い。

ところでこの番組、第一回目が桑田佳祐の葬儀というドッキリだったのだが、オンエアが昨日だったら絶対差し替えだっただろうなと思うのである。

それは、さすがに笑えないのです。。。
動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | -

X unfinished



昨日の続き。
懐かしい!!
動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | -

V2  背徳の瞳 〜eyes of venus〜


マイミクの日記に紹介されてたので、見てみたら、いやあ、懐かしい。

見所
・「ネ申」二人の連弾。
・一見ハイファイなようで実はアナログな質感のサウンド。
・yoshikiの鬼の首獲ったようなドラム。もっとタイトなドラマーは今いくらでもいるけど、やっぱり彼なりの「美学」、あるよね。
・この頃の小室がイチバン手の内を全部見せない感じがしてセクシー。

世界観、あるよね。
動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | -

suck my kiss

ミクシイのレッチリコミュに今ひとりの神が降臨してすごいです。
こんなのを次々とUPしてくるんですわ。

suck my kiss

白便・黒便・和田勉、出れば
出て来た、見せっこ、途中前へ

会えん、和田エミ
申すまだバカ
どう?きばって

欧米に 出来ゆかん
今から 身、読めん

さんま本は古本
のびてる うどん
要るもの3日は なます嘆願

観れ!鉄拳!
もしまだ墓 さんま こう出して
欧米にビンビンで
佐久間、ケツかみましぇーん



動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | -

既出ついで

暖めに暖めておいたダジャレが既出だったとです・・・。(参考)

今日はそんな気分にピッタリの動画をどうぞ。

動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | -

ラーメン食べたい 矢野顕子 上原ひろみ



ラーメン関係ねえ!!>特に後半
動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(2) | -

tha blue herb

こないだ酸欠になりながら歌ってきてほんとに思ったけど、歌うって事は伝えるって事においてどんな楽器よりも直接的。
歌に自分のすべてを載せられる人にとって、ライブはどれほど神々しい体験なんだろうか。

で、tha blue herb。
この直接性はすごすぎる。
ライブってすごいと思った。

動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | -

チュートリアル 2006 Mー1



ヘン。
逸脱具合が面白い。
本筋とは別のとこで展開してく破綻ぷりが気持ちいい。
動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | trackbacks(32)

Video Killed the Radio Star



はじめて原曲ちゃんと聴いたのですが、名曲すぎて泣けた。
pop!!!!!!!!


































































動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

新人バンド

私はインディーズバンドをひとつプロデュースしたことがあります。

メンバーはまだ全員21歳。
そこそこ演奏力はあるのですが、全体的にいまいちパッとしません。
曲も地味です。見た目もフツーすぎます。これでは売れると思えません。

まずはビジュアルから。とにかくひとめ見て忘れられないようなインパクトを。
親しみ安さの中に毒ともとれるポップなキッチュさを打ち出しました。
「生活感」と「消化できてないわざとらしさ」の共存?
このアンバランスさに、われながら比類なきセンスを感じます。

バンド名を言う時は覚えてもらうために、みんなで言う前に「一発柏手」。
これ、定番化させるように行っておきました。
これでお客は柏手とともにバンド名を思い出すんじゃないでしょうか。

「内輪の時代」と言うことを力いっぱい説きました。
半径5m内の会話のテンションよりも説得力があるものはないんだと。
カメラがあることを忘れたらいい、と言っときました。
競馬が好きとか、あえてもう晒せ、と。
ギターのやつはすぐにその気になったみたいでむしろ楽しんでくれてます。

とにかくバカなくらいに明るいイントロ、はじけたメロディーを。
彼らの得意の切ない楽曲はあえて封印しました。
嘘つくくらいでちょうどいい、売れるためにはインパクトしかねえ、と刷り込ませました。
詩の内容とタイトルには誰もが関心があり、誰もが触れないあの事しかないと思い、無理やり作らせました。そう「エロス」です。
キメにはあのフレーズを全員で叫ぶようにと、言っておきました。
売れるためにはとにかく強烈なインパクトなんです。
引かれるくらいがちょうどいいんです。
これで、一回聴いたら忘れられない曲に仕上ったはずです。

ボーカルの子がアコギが使いたいと言って聞かない。
曲にあわねえと思いましたが、ミスマッチとしてまあ面白いものになったんじゃねえかな、と思います。
しかし私は彼らのバンド名が気に入らない。
こんなバンド名じゃ売れないから変えろと再三言ったのですが、メンバーはこれに関しては譲りませんでした。
結果、関係は悪化してゆき、彼らは私の元を去ってゆきました。
・・・
まだ彼らのスタイルは模索中だったのでしょうか。


・・・1988年の事でした。
いろんなバンドが現れては消えていきました。
彼らは今、どこでなにをしているんでしょうかねえ・・・。
動画はどーが?(携帯からは観れんが) | permalink | comments(0) | trackbacks(1)